今話題のローズ年金

ニュース

https://www1.h.netforward-gw.jp/KY-KIES/dairiten/cgi-bin/support/monoshiri/data/monosiri2014-24.htm

http://res.nimg.jp/img/base/head/icon/nico/911.gif

niftyがお届けする総合ニュースサイトです
https://www.google.com/?hl=ja&gws_rd=ssl#hl=ja&q=%40nifty%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

http://res.nimg.jp/img/base/head/icon/nico/911.gif

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E8%AD%B2%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%20%E7%84%A1%E6%96%99

a href="http://rosetomonokai.com/lp/network.html" onclick="location.href='https://cs074.xbit.jp/~w074319/af/tracker.php?a=002&p=Y1301160250&t=click&guid=ON'; return false;"><img src="https://cs074.xbit.jp/~w074319/af/data/banners/banner_06.jpg" width="200" height="60" alt="毎月9万円の安定収入!" border="0" /></a><script type="text/javascript" src="https://cs074.xbit.jp/~w074319/af/banner.php?b=11&p=Y1301160250&guid=ON"></script>

1.あなたの人生、大丈夫?  

1.あなたの人生、大丈夫?
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/1.html
2.本当に年金をあてにしていいの?
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/2.html
3.自分の身は自分で守ろう
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/3.html
4.お金にはそれぞれ性格がある
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/4.html
5.どのような運用対象がいいの?
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/5.html
6.投資におけるリスクとリターンの関係
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/6.html
7.リスクと賢く付き合うために
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/7.html
8.分散投資に適した投資信託
http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/self_pention/8.html
公的年金
http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/

国民年金法  

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%B9%B4%E9%87%91%E6%B3%95
https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&tab=cw&gws_rd=cr&ei=vFPLUo5MxoiTBbrNgNgP#hl=ja&q=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%B9%B4%E9%87%91%E3%81%AE%E5%B1%95%E6%9C%9B

http://i.yimg.jp/i/jp/mesg/emoticons6/77.gif

年金  
よくわかる国民年金へようこそ
よくある質問・疑問を説明 なるほど国民年金
http://nenkin.shopping-square.com/
年金の歴史
http://hs-seikei.happy-science.jp/archives/2442

amigudarinn
http://www2.tiara.cc/~madam/umenojin/can5.htm

食品  

衝撃の飼育方法

  1. http://i-exa.com/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=18390_402440083199129_2045021027_n.jpg&refer=%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9
  1. http://i-exa.com/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=%BE%D7%B7%E2%A4%CE%BB%F4%B0%E9%CA%FD%CB%A1%A5%AD%A5%E3%A5%D7%A5%C1%A5%E3.PNG&refer=%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9
  1. http://i-exa.com/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=%B7%DC5%A5%AD%A5%E3%A5%D7%A5%C1%A5%E3.PNG&refer=%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9
    http://seikougeji.up.seesaa.net/image/dash_mail2.gif
    http://www.bannerkoubou.com/photosharing/v30750

別冊宝島1917  

街にはニセモノ食品が溢れているhttp://tkj.jp/book/?cd=20191701
ニセモノ食品の正体
http://tkj.jp/media/brows/20191701_20121026162504/nisemono_shokuhin/_SWF_Window.html
http://tkj.jp/takarajima/2012Dec/

「ニセモノ食品」作り最前線

http://www.amazon.co.jp/gp/product/479666176X/ref=s9_cxhsh_co_g14_ir04?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=left-1&pf_rd_r=1MMYVSPGXBA672M80984&pf_rd_t=3201&pf_rd_p=464711576&pf_rd_i=typ01#reader_479666176X

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GTJB_jaJP508JP508#hl=ja&gs_nf=3&gs_rn=0&gs_ri=hp&tok=wBRU0U14nNB2rC9Hbj31-A&cp=6&gs_id=0&xhr=t&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%81%BD%E8%A3%85%E9%A3%9F%E5%93%81&pf=p&tbo=d&rlz=1T4GTJB_jaJP508JP508&output=search&sclient=psy-ab&oq=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%81%BD%E8%A3%85%E9%A3%9F%E5%93%81&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_cp.r_qf.&fp=3d3f3884d16bc7ae&bpcl=39314241&biw=973&bih=598
http://tenka99.com/mt/mt-search.cgi?blog_id=2&tag=%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9&limit=20

http://shoku99.com/modules/d3blog2/details.php?bid=50

https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GTJB_jaJP508JP508&q=%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6&gs_l=hp..0.0i4l5j41.0.0.0.23673...........0.hTLH_4WlVyE#hl=ja&gs_rn=1&gs_ri=serp&tok=NDZqAF8kH3NWWHiBaTWxnw&pq=%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6&cp=0&gs_id=sp&xhr=t&q=%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E3%80%80%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9&pf=p&tbo=d&rlz=1T4GTJB_jaJP508JP508&sclient=psy-ab&oq=%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6&gs_l=&pbx=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_cp.r_qf.&bvm=bv.1355534169,d.dGY&fp=4db578053e7d11ce&bpcl=40096503&biw=1006&bih=627&bs=1

&color(yellow){モンサントと米倉会長
};http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/030728.htm
紹介が苦手
http://rose.hahaue.com

AG企画  

http://hoken.rakuten.co.jp/medical/
http://hp.wbi.jp/agkikaku/
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AiErVtsgWtmedGljYXBsNE9nNmxIbEd6LUNMM2V6Ymc&hl=en_US#gid=0
添加物
http://tenka99.com/mt/mt-search.cgi?blog_id=2&tag=%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9&limit=20

食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。

http://tenka99.com/kiken/cat57/cat70/_4_1.html#more

http://homepage2.nifty.com/NG/ume/ume09a.htm
肉の秘密
http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA-%E8%82%89%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%9F%E3%83%84-%E5%AE%9D%E5%B3%B6SUGOI%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4796665773/ref=pd_rhf_dp_s_cp_2#reader_4796665773

http://stopbeef.blog51.fc2.com/blog-category-11.html

AIJ事件の闇http://vmaxvmaxvmax.seesaa.net/article/255775504.html
郵便局の簡保について
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=1631&dd=03&re=19

食品偽装表示を徹底解説  

これまでの報道発表資料
http://www.maff.go.jp/j/press/arc/0907.html
食品会社 偽装の歴史 >
http://elnavi.jp/
食品会社 偽装の歴史
http://www.news88.net/giso/archives.html
http://shokuhingiso.com/

遺伝子組み換え作物 [#m37c36b8]

ヴァンダナ・シヴァさん講演録

http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/030507.htm

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 

http://www.youtube.com/watch?v=cNXEucYUFJ0
サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由
http://www.youtube.com/watch?v=CI8l71dSy_A
モンハンで知る 「TPPの先にある恐怖 モンサント」 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=UeMd5iYE1Gk

モンハンで知る 「TPPの先にある恐怖 モンサント」 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=CEMdQfeoajY

遺伝子組み換え作物(GMO)で世界シェアのほとんどを占めるアメリカのアグロバイオ企業「モンサント社」の実態を追うドキュメンタリー。GMO以外にも「カネミ油症事件­」で知られるPCB、枯葉剤、牛成長ホルモンなどを開発してきた同社によってもたらされた人体や環境、小規模農家への深刻な影響を映し出す。監督はフランスのジャーナリス­ト、マリー=モニク・ロバン。現代の食を取り巻く経済構造に鋭く切り込んだ本作は、世界42か国で上映され大反響を呼んだ。
http://www.youtube.com/watch?v=9YxO4RFffXE

120602「モンサントの不自然な食べもの」監督インタビューダイジェスト
http://www.youtube.com/watch?v=WQHd81ewKj4
モンサント''''の正体
http://www.youtube.com/watch?v=4lpwgcUnstg
日本人も既に口にしているモンサント
http://www.youtube.com/watch?v=F2sdqaji-4U
『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点

http://www.youtube.com/watch?v=cNXEucYUFJ0

インド農家の自殺
http://blog.ptlabo.net/index.php?id=06080082
害虫の大量発生 迫られるGM綿の見直し
http://ourworld.unu.edu/jp/pest-outbreak-around-china-cotton-farms-prompts-gm-review/
南米を襲う遺伝子組み換え大豆と枯れ葉剤
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201101060905584

RADIKO  

http://radiko.jp/

虹  

http://www.myniji.ty/

秋月  

http://akizukidenshi.com/catalog/c/c/

桃乃介  

http://www.rakuten.ne.jp/gold/momonosuke/?scid=rm_197059

マイクロソフト
http://www.nextag.co.jp/2007%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88/%E6%A4%9C%E7%B4%A2-html

冷蔵庫いらずの保存法 余った食材を乾物に [#v55e295a]  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000094-san-soci
猛暑に鉄分補給 お茶とコーヒーNG

猛暑に鉄分補給 お茶とコーヒーNG  

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/household/519297/

酵素  

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0

有機食品の検査認証制度  

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

“食品の裏側”を明らかにする  

“食品の裏側”を明らかにする(前編)「何を選択するか」が消費者には求められている
『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)著者 安倍 司 氏

「今日一日であなたは何種類の食品添加物を口にしましたか?」――こう聞かれて、即答できる人物がいる。いま話題の本『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)の著者、安部司氏だ。かつて食品添加物の専門商社に勤め、「歩く添加物辞典」とまで呼ばれた安部氏は、私たちが普段口にしている食品の“裏側”を熟知しているのだ。実際、安部氏の本を読むと、現代の食卓がいかに添加物に依存しているかよく分かる。しかし、この本が従来の添加物を取り上げた本と大きく異なっている点は、「危険性だけを騒いでも意味がない」としているところである。安部氏が、著書を通じて消費者に最も伝えたかったこととは何か話を聞いた。
聞き手・文/藤崎 典子、写真/赤坂 智洋2006年3月24日
後編はこちら >>
消費者が添加物を求めている!?
――「どのような方法でメーカーに添加物の使用を勧めていたか」を本の序章で書いてらっしゃいました。面白いと思いましたが、同時にすごく怖くなりました。

(上)『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)(下)著者の安部司氏
安部:  手作りのメーカーに職人の魂を売らせる、私の“悪魔のささやき”ですね。あれは、ほんの一例です。添加物を使えば、長年培ってきた“職人の技”がなくても、ある程度のレベルのものを安く、簡単に作れるようになります。職人のプライドを持って仕事をしてきた親父さんを、「そんなつらい仕事、息子さんは継ぎませんよ」という言葉で決断させたこともありました。
 私がその仕事を辞めたのは、ある時「自分や自分の家族も消費者だ」ということに気づいたからです。自分が開発した添加物まみれのインスタント食品は、自分の子どもたちには決して食べさせたくないものだったのです。実際、これは加工食品の現場で働く人たちにとって当たり前のことでした。添加物を大量に使って作ったハムや漬け物、干物といった食品を、現場の人間は皆「食べたくない」「気持ち悪い」と言い切っています。
――私たちが普段食べているものは、作っている側にとってみれば口にできないようなものだということですか。
安部:  だからといって、何も知らされずにそういう食品を買っている消費者=被害者という図式が即成り立つわけではないと、私は考えています。本の中でも書きましたが、添加物は光と陰の部分が表裏一体です。陰の部分はもちろん、添加物の持つ毒性や危険性。光の部分は、添加物があるおかげで、私たちは楽をして簡単に食事ができるという点です。
 例えばポテトサラダ。スーパーでは、3日間は腐らないようにしたいので、そのために保存性のある添加物を入れて作ります。講演で私はよく、何種類もの白い粉(添加物)をポテトサラダに混ぜて、「さあ、どうぞ」と出します。そうすると、皆さん、気持ち悪がって口にしようとはしません。しかしそれは、「今さら何をいってるの」という感じです。
 パックの裏を見れば、そのポテトサラダに含まれている添加物は全部書かれています。100グラムがたった百数十円程度の値段で買えて、自分で料理をする手間や時間も省ける。これは添加物があるからこそできることです。いくら嫌だといっても、明日からすぐ添加物を全面的に排除して、マクロビオティック(簡素で自然な食事法などを実践する健康法)のような食生活に切り替えられるかといったら、ほとんどの人はそんなことできません。つまり、添加物の与える光の部分も、しっかり享受しているわけです。
 日本人には、誰か一人を悪者にしたがるような発想がありますが、添加物の問題は「国が悪い」とか「メーカーが悪い」といった、そんな単純なものではありません。「安い」「便利」「見た目がキレイ」なものを求める消費者がいるから、それに応じる製造者や販売者がいる。結局、そういった食品を好んで、何の問題意識もなく購入している消費者は、添加物を支持しているのと同じことになるのです。
“食品の裏側”を明らかにする(前編)
情報開示によって自由な選択が可能になる
――確かに現代人は、多かれ少なかれそういった食品に助けられている部分があり、身体に悪いものすべてを避けることは到底無理と思われます。

『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)著者 安部司氏
安部: 「添加物がたくさん入っていて、つらいな」と思いながらも、私だって忙しければコンビニのお弁当を食べることがあります。でも、もしそれが本当に嫌なら、奥さんに頼みこんで手弁当を作ってもらうという方法もありますよね。
 私たちの食生活から添加物を完全に排除することは、現実的に不可能な話です。それは、たとえ毎食手作りの食事を取っていたとしても同じこと。大切なのは、メリット、デメリットの両方を考えて、その中で少しでも添加物の入っていないもの、少ないものを選ぶという選択を、日々していくことにあると思います。
 問題は、消費者がそういった選択ができるよう、充分な「情報開示」がなされていないという点です。ラベルだけでは読み取れないごまかしや、わざと誤解させるような表示もたくさんある。だからこそ、現場をよく知っている自分が、「情報をオープンにしていこう」と思ったのです。
 さっきのポテトサラダにしても、「合成保存料は使用していません」などとあえて表示している場合があります。しかし、もともと合成保存料は使ってはいけないものです。それをいうなら本当は、「合成保存料は使用していませんが、保存効果のある化学物質はいっぱい使っています」と書くのが正しい。そうすれば「そこまで怖い思いをしてまで便利でなくてもいい」と判断する人がでてくるかも知れません。情報をきちんとオープンにした上で「何を選ぶかは消費者の自由」というのが本来あるべき姿です。
――食品に表示されている原材料はどのように読んで判断すればよいのでしょうか。
安部: 「この添加物は危険度が高い」「この添加物は比較的安全」などといったことを覚えても意味がないと私は考えています。約1500種類もある添加物をすべて覚えるなど、到底無理な話です。また、添加物の危険性は単独でさまざまな検査が行われていますが、それらを複合摂取した場合の危険性については明らかにされていません。しかし、コンビニエンスストアでサンドイッチを買って食べれば、それだけで十数種類もの添加物を一度に摂取することになります。
 そのため私は、食品の表示を見たときに「台所にないものが添加物」と考えることを提案しています。しょうゆを例に取ると、本物は塩と小麦と大豆という、消費者が知っているものだけで出来ています。ところが安いものになると、グルタミン酸ナトリウムだとか、カラメル色素だとか、安息香酸ブチルなどといった、台所にはない化学物質名がずらりと並んでいる。それはもはやしょうゆではなく、しょうゆ風味調味料とでもいうべきものですね。
 講演などで「まずは手首の練習」と言っていますが、それは「食品の裏を返して、表示をよく見ましょう」という意味です。安いけれど添加物が大量に使われている食品は、身の周りにあふれています。そういうものを仕掛けたメーカーも悪いけれど、それを気にもせず平気で買っていく消費者もよくない。裏を見れば、自分の知らないもの、およそ台所にないようなものがたくさん入っているのが分かるからです。
 台所にはないもの、すなわち添加物がたくさん書かれていたら、そこで選択をしてください。見た目のキレイさや値段の安さと同時に添加物も一緒に取るか、それとも、もう少し値段が上がって見た目が悪くなっても、無添加のものを取るか。「こんな添加物でコテコテのものを売ってはいけない」という前に、あなたがそれを選択しないという方法もあるのです。「こんな添加物だらけのものはイヤだ」と誰も買わなければ、今の流通制度ならPOSデータのABC分析により、3日後には売り場から消えてしまいますよ。

“食品の裏側”を明らかにする(後編)「食卓の乱れ」は「社会の乱れ」を招く
『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)著者 安倍 司 氏

食品添加物を扱う現場で長年働き、消費者の知らない“食品の舞台裏”を見てきた安部司氏。著書『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)には、消費者がこれまで知りようもなかった添加物の現状が書かれている。「添加物の光と陰の部分」「消費者=被害者ではない」という話から始まった、安部氏が消費者に送るメッセージはさらに続く。
聞き手・文/藤崎 典子、写真/赤坂 智洋2006年3月31日
前編はこちら >>
加工食品も意識して買うことが大切
――『食品の裏側』は、添加物のことを書いた本でありながら、難しい話ではなく、とても分かりやすいですね。

(上)『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)(下)著者の安部司氏
安部:  当初、この本は主婦層に向けるつもりで書きました。添加物に投票して、支持しているのは自分たちだということを、主婦の人たちに少し考えてもらいたかったからです。
 また、恐怖心をあおるばかりの本にもしたくありませんでした。神経質になり過ぎなくてもいいし、そんなに怖がる必要もないということはきちんと言っておきたかった。添加物の危険性や毒性だけを挙げ連ね、「毒だから食べてはいけない」「買ってはいけない」と言うだけで片づく問題ではないと思うからです。消費者だって、添加物の怖さについては薄々知っているけれど、忙しくて加工食品を使う頻度は高いことは自覚しているし、だからこそ「そのことには触れないで欲しい」という気持ちもあったはずです。危険性だけを騒ぎ立ててみても、消費者がただ逃げ場をなくすだけになってしまいます。
 私も家事の手伝いをしますので、主婦の忙しさはよく分かります。だから何も「明日から全てを完璧に手作りしましょう」とは言いませんし、言えません。加工食品を使う日があってもいいと思う。だけど、その食品には添加物がたくさん含まれているということを知って買うのであれば、それはまた違ってくるでしょう。裏の表示を確かめて、少しでも添加物の少ない商品を選んだり、「昨日はたくさん添加物をとってしまったから、今日は手作りにしよう」といった風に変わっていくと思うのです。
――学校での講演も数多く行われていますね。
安部:  中学生や高校生などに向けて話をするときは、もっと意地悪を言っています。お母さんが買ってきたものを見て、「お母さん、デヒドロ酢酸ナトリウムって何? 僕が食べてもいいもの? お母さんが知らないもの、僕に食べさせるの?」と聞いてごらん、って(笑)。子どもにそのように言われて、現状を省みない親はいないはずですよ。「そんなことをしていたら、食べるものがなくなる」という人たちは、それだけ加工食品への依存度が高いということです。
 主婦の人たちにも、私は常に「奥さん、一緒に考えようよ」という姿勢で話をしています。例えばハムについて、「これにはポリリン酸が入っていますが、安全なんですか?」と質問されたりします。私は「安全性を語るよりも、入っていないものを買えば」と答えます。「それじゃ、高くてハムが食べられなくなっちゃう」と言われますが、ハムを食べなくても別に死んだりはしません。無添加のハムが高いというのであれば、「毎週買っていたものを月に1度にして、身体によいものを食べる方がいいんじゃない?」と意見したりします。
“食品の裏側”を明らかにする(後編)
『まごころ基準』でもう一度考え直そう
――本に対して一番反響があったのは、やはり主婦層ですか。

『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)著者 安部司氏
安部: 自分でも驚いたのですが、下は小学生、上は74歳のおじいちゃんと、非常に幅広い層から反応がありました。もちろん、主婦からの反響は大きかったですね。「これまでは姑に『神経質な嫁』と言われていたのですが、この本を読んでもらったら『あなたは間違っていなかったのね』と言われました」「母・私・娘と、1家に3冊あります」など様々な声が寄せられました。
 出版社からは「これまで前例がない」と言われていましたが、私は本の中で個人のメールアドレスを公表しています。「情報公開」をうたっている以上、メーカーなどからも意見があれば、自分で直接受けて立つつもりだからです。実際に、昔の仕事仲間からの反応もありましたが、一方的に悪く書いているわけではないということで、みな納得してくれているようです。
 また、メーカーの研究員などから、添加物についての相談が来ることもあります。私は「工業的に食品を作っていたら、もっと工業的に作ったところに、いつかお客さんは流れていくよ」と言います。あるいは「あなたは技術者として、自分の作ったものを自分の子どもに食べさせられますか」って。
 化学調味料を「おいしい」と思うのは、舌が慣れているからです。砂糖と同じように習慣性があるため、慣れてしまうとどんどん量が増えていきます。だから、メーカーも「化学調味料を外すと売れなくなる」というのです。添加物を使えば、おいしくなって、値段も安く、一定水準のものを楽に作ることができる。これは「法の基準」には触れていませんが、どこかおかしくはないでしょうか。私は本の中で、ものを作る基準にはもう一つ『まごころ基準』がある、と書きました。自分や自分の家族には食べさせたくないような食品、それはまごころ基準から大きく外れたものに他なりません。
―― 一度添加物を使うようになったら、元に戻すことはなかなか大変なのではと思ってしまいますが。
安部: それでも、近ごろはまごころ基準に回帰するメーカーも増えてきています。分かってくれる消費者、支持してくれる消費者は必ずいるはずだからです。
 私は本の最後に「加工食品のウソ・ごまかしを見抜く『安部式』添加物分類表」を付けましたが、おもしろいことに、生協の仕入れ担当者がこの表をコピーして、商談に使っているそうなんです。この表を見てメーカーに、「この添加物は外せませんか。安部先生がごまかしだって書いているじゃないですか」と言っているらしいです。私はメーカーから「何て答えればいいんでしょう」と聞かれますが、「それを外したらどうなるか、メリット、デメリットをきちんと説明すればいい。それが本当の親切だよ」と答えています。その添加物を使わないことによって、見た目が悪くなったり、日持ちがしなくなるのであれば、今度は生協がそれをお客さんに説明すればいい。それが、情報を共有して、オープンにしていくことだと思います。
 もっと怖い話をしましょうか。ブタに毎日、コンビニの弁当だけを与えていたら、羊水が真っ黒になって、全部が流産あるいは死産したそうです。ブタの場合は、添加物の害がこうして目に見える形になって現れましたが、人間に対しては危害未満になっていて、どんな影響が出ているのかよく分からない状況です。アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、キレやすい人の増加など、無関係とは言い切れないように思われていても、はっきりした因果関係は分かっていません。分からないから、私たちはずっと、こうした中途半端な害にさらされたままになっているのです。
 また、添加物により、家庭の食卓が壊れ始めていることも本当に怖いです。私は「食べ物を大切にする子は人を殺めない」と信じています。いい食べ物、手作りの食事は、子ども達の丈夫な身体と強い心をつくります。しかし今、“お母さんの手作り”よりも“でき合いの総菜”の方がおいしいという子どもが増えています。子どもたちの舌が、化学調味料の味に慣れきっているからです。こうして起こっている「食卓の乱れ」は、すなわち「家庭の乱れ」であり、それは「社会の乱れ」「国の乱れ」へとつながっていきます。
 簡単で便利な生活もいいけれど、その代償として失っているものは確実にあります。それが何なのか、本当にこのままでよいのか。この辺りで立ち止まって、一度きちんと考えてみてはどうでしょうか。私の話がそのきっかけになるのであれば、それが一番うれしいことです。
――どうもありがとうございました。

食品の裏側  

食品の裏側 1/4

http://www.youtube.com/watch?v=wQFOJEszgt0
食品の裏側 2/4

http://www.youtube.com/watch?v=GPIRpY4W3cs
食品の裏側 3/4

http://www.youtube.com/watch?v=YAK1mWDS40U
食品の裏側 4/4

http://www.youtube.com/watch?v=fsX93SrK8Cs
恐怖の実態 合成界面活性剤 人体への悪影響!
http://www.youtube.com/watch?v=mIsr8gFOmiE&feature=related

添加物の恐怖
http://www.youtube.com/watch?v=m6kqm3RhbF4&feature=relmfu

添加物の恐怖2
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&feature=related
危険な中国食品 ホルモン剤と睡眠薬で育つ豚
http://www.youtube.com/watch?v=L1a5BVQ3l6U&feature=related

中国 増える赤ちゃんの性の早熟 真実が知りたい
http://www.youtube.com/watch?v=4DHPcVIRvZQ&feature=related

鶏肛油 中国に出回る――危険な食品におびえる中国人
http://www.youtube.com/watch?v=3VMESE5xPiY&feature=related

中国人も食べない中国産食品
http://www.youtube.com/watch?v=8tWSuKmYpm8&feature=related

世界中で噴出!中国製品が危ない!?1 2
http://www.youtube.com/watch?v=eP3m9_C6Y_A&feature=related

マックだけを食べ続けると 1/10
http://www.youtube.com/watch?v=UAgy7nP15Mw&feature=relmfu

食品添加物を減らすには?加工食品編(1) ハム・ベーコン
http://www.youtube.com/watch?v=u4lrDowGYCU&feature=related

食品添加物を減らすには?加工食品編(2) ウィンナー
http://www.youtube.com/watch?v=p6T7ZlIMvDs&feature=relmfu

【安部司】添加物だけを食べてみる 2008-02-01
http://www.youtube.com/watch?v=pdGDArG3RPE&feature=rel

サイコロステーキの正体
http://d.hatena.ne.jp/eurospace/20070614

「ニセモノ食品」作り最前線
http://www.amazon.co.jp/gp/product/479666176X/ref=s9_cxhsh_co_g14_ir04?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=left-1&pf_rd_r=1MMYVSPGXBA672M80984&pf_rd_t=3201&pf_rd_p=464711576&pf_rd_i=typ01#reader_479666176X
ニセモノ食品の正体
http://www.amazon.co.jp/dp/4800202876/ref=pe_185932_40773782_pe_multi_vfe_best_t1

食品問題の裏1〜6

http://www.youtube.com/watch?v=pWvepQSQ750

http://www.youtube.com/watch?v=SrmKhasynx4&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=NSsyYY4StLk&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=dd3EmI5izcQ&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=EtkmleK-Aps&feature=relmfu

添加物の恐怖
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&feature=related
添加物の恐怖2
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&playnext=1&list=PL5DDEB2B9723A3784&feature=results_main

(1)こんな食品食べてませんか?(約10分
http://www.youtube.com/watch?v=_Lp0SE8b3zc&feature=related

抗生物質のウラ
http://www.youtube.com/watch?v=UYWUSwIHg6I&feature=related

ヨーグルト・乳製品はなぜ悪い?
http://www.youtube.com/watch?v=V7rkWtwqKGk&feature=related

天才!志村どうぶつ園 「牛乳は飲んではいけない」

http://www.youtube.com/watch?v=BsEZhVo1x2M&feature=related
うごメモ 食べてはいけない食品1
http://www.youtube.com/watch?v=NKWUWHy-58g&feature=related

売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps&feature=relmfu

http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-kingof&p=%E8%BC%B8%E5%85%A5%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F&ei=UTF-8

食品のカラクリ 知らずに食べるな中国産 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-72)
http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA-%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%81%AB%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%81%AA%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%94%A3-%E5%AE%9D%E5%B3%B6SUGOI%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%B8-1-72/dp/4796667865/ref=pd_sim_b_4#_

『携帯用 添加物チェックシート』
http://www.aa.alles.or.jp/~palette/ecology/eco-additives%20list2.html#memo-1

とっても危険な添加物リストこれ全部発ガン性物質!
とっても危険な添加物リスト
これ全部発ガン性物質!
http://www.aa.alles.or.jp/~palette/ecology/eco-additives%20list.html

加工食品をまったく買わないわけにはいきません。

http://www.aa.alles.or.jp/~palette/ecology/eco-additives%20list2.html#memo-1

http://www.geocities.jp/mozart0610/mame-tisiki.htm

食品問題の裏1〜6

http://www.youtube.com/watch?v=pWvepQSQ750

http://www.youtube.com/watch?v=SrmKhasynx4&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=NSsyYY4StLk&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=dd3EmI5izcQ&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=EtkmleK-Aps&feature=relmfu

見出し1  

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%8C%96%E6%88%90%E5%93%81添加物の恐怖
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&feature=related
添加物の恐怖2
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&playnext=1&list=PL5DDEB2B9723A3784&feature=results_main

http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA10-%E3%80%8C%E5%9B%BD%E7%94%A3%E3%80%8D%E3%80%8C%E5%AE%89%E5%BF%83%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A0-%E2%88%92%E9%A3%9F%E5%93%81%E9%81%B8%E3%81%B3%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%A4%96%E3%81%AA%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88-%E5%88%A5%E5%86%8A%E5%AE%9D%E5%B3%B6-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/4796663371

(1)こんな食品食べてませんか?(約10分
http://www.youtube.com/watch?v=_Lp0SE8b3zc&feature=related

抗生物質のウラ
http://www.youtube.com/watch?v=UYWUSwIHg6I&feature=related

ヨーグルト・乳製品はなぜ悪い?
http://www.youtube.com/watch?v=V7rkWtwqKGk&feature=related
なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492059253/simpleinterne-22
うごメモ 食べてはいけない食品1
http://www.youtube.com/watch?v=NKWUWHy-58g&feature=related
防カビ剤
http://www.mvleisureworld.com/fungicide/
保存料
http://www.mvleisureworld.com/preservative/
漂白剤
http://www.mvleisureworld.com/bleach/
発色剤
http://www.mvleisureworld.com/color-former/
着色料
http://www.mvleisureworld.com/colorant/
酸化防止剤
http://www.mvleisureworld.com/antioxidant/
甘味料
http://www.mvleisureworld.com/sweetener/
糊料
http://www.mvleisureworld.com/koryo/
酸味料
http://www.mvleisureworld.com/entry89.html
PH調整剤
http://www.mvleisureworld.com/entry82.html
乳化剤
http://www.mvleisureworld.com/entry91.html
イーストフード
http://www.mvleisureworld.com/entry83.html
かんすい
http://www.mvleisureworld.com/entry85.html
ガムベース
http://www.mvleisureworld.com/entry84.html
チュウインガム軟化剤
http://www.mvleisureworld.com/entry86.html
豆腐用凝固剤
http://www.mvleisureworld.com/entry90.html
膨張剤
http://www.mvleisureworld.com/entry92.html
調味料
http://www.mvleisureworld.com/entry93.html
香料
http://www.mvleisureworld.com/entry97.html
殺菌料
http://www.mvleisureworld.com/germicide/
栄養強化剤
http://www.mvleisureworld.com/entry98.html
製造用剤
http://www.mvleisureworld.com/entry94.html

添加物  

抗生物質のウラ
http://www.youtube.com/watch?v=UYWUSwIHg6I&feature=related

本当は怖いサプリメント 健康食品業界の底知れぬ闇
http://www.youtube.com/watch?v=8G3z7_j4R3k&feature=related

恐怖の実態 合成界面活性剤 人体への悪影響!
http://www.youtube.com/watch?v=mIsr8gFOmiE&feature=related

添加物の恐怖2
http://www.youtube.com/watch?v=8fl8f45tLFE&feature=related

コンビニ弁当が出来るまで【ザメイキング】
http://www.youtube.com/watch?v=-WHed0-ONpQ&feature=related

THE MAKING (265) 冷凍炒飯ができるまで
http://www.youtube.com/watch?v=Tcmi48KSvpI&feature=related

THE MAKING(245)冷凍お好み焼きができるまで
http://www.youtube.com/watch?v=1EwnFlmdeIA&feature=relmfu

THE MAKING(91)しょう油ができるまで
http://www.youtube.com/watch?v=vmUoC10X_A0&feature=relmfu

合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
http://www.youtube.com/watch?v=hL1sRhLuSPg&feature=related
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
http://www.youtube.com/watch?v=2-h5leeb_3g
注入肉
http://www.youtube.com/watch?v=hL1sRhLuSPg&feature=related
恐怖の月餅 中国人も「食べたくない」
http://www.youtube.com/watch?v=XUZxTXlckL8
グレー・ブラックな健康食品業界
http://www.1suppli.info/

tpp  

TPP  

15:00 1/3【TPP】日本絶対不利のルールと法律・政治力無く手玉に【中野剛志】ユーザー: tamatamacenter03 91,745 回再生
http://www.youtube.com/watch?v=ISLgvl8iug0

54:52 2/3【経済討論】亡国最終兵器 TPPの真実[桜H23/11/5]ユーザー: SakuraSoTV 34,640 回再生
http://www.youtube.com/watch?v=ISLgvl8iug0

58:34 3/3【討論!】TPP問題と日本の行方[桜H23/2/26]ユーザー: SakuraSoTV 39,315 回再生
http://www.youtube.com/watch?v=TU1nEPkcIMA
ゆうちょ銀行とかんぽ生命・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14
米国からの要求・
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s10683fh/tpp_sansei/yuucho0625.pdf

TPP 協定(日本との協議に関する米国政府意見募集の結果概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/us_iken_1201_1.pdf

「かんぽ新商品認可見送り」に見る、TPP参加が失敗するかもと思う理由
http://www.ehoken.co.jp/blog/?p=1056

TPP交渉に参加しないとどうなるの?
http://tpp-kokumin.jp/qa/03_04_02.html

サルでもわかるTPP  公式サイトより転載
http://c3plamo.web.fc2.com/sarudemoWakaruTPP/sarudemoWakaruTPP.htm

【TPP】安倍ちゃんの交渉力も虚しく、かんぽ生命が完全終了。国保も時間の問題か・・・orz
http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-5956.html

http://www.think-tpp.jp/

TPP交渉参加に必要な献上品、日本植民地化計画の第一歩が郵貯とかんぽの300兆円
http://ameblo.jp/shimarny/entry-11482788682.html

TPP交渉参加に必要な献上品、日本植民地化計画の第一歩が郵貯とかんぽの300兆円
http://ameblo.jp/shimarny/entry-11482788682.html

       

モンサントの正体
http://www.youtube.com/watch?v=4lpwgcUnstg

120602「モンサントの不自然な食べもの」監督インタビューダイジェスト
http://www.youtube.com/watch?v=WQHd81ewKj4

インドでの遺伝子組換えによる荒廃
http://www.youtube.com/watch?v=MVwzOQGVz28

遺伝子組み換えトウモロコシでガンになる?フランスの研究
http://www.youtube.com/watch?v=5HuDFkJMzHI

タイマーズ/牛肉オレンジ
http://www.youtube.com/watch?v=jtVG9Ml5Ysw

20121212 「モンサントの不自然な食べもの」 上映&トーク 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=_gOPAjsaqac

遺伝子組み換え作物がいっぱい♪
http://www.youtube.com/watch?v=LOuWa6_-Kw0

遺伝子組み換え使用ワースト1 明治HD おやつの「カール」など
http://www.youtube.com/watch?v=eSK67A_ehLM

【衝撃】恐怖の遺伝子組み換え作物【驚異の毒性】
http://www.youtube.com/watch?v=U6f5neFmPDY

スーパーマーケットTPP後にはこうなる
http://www.youtube.com/watch?v=es7Z3Qggp-I

【TPP】犯罪レベルの偏向報道【全てが嘘】
http://www.youtube.com/watch?v=f5d7SisU490

【世界の常識】 旧約聖書 創世記34章 日本人が気がつかないTPPの罠
http://www.youtube.com/watch?v=nV4p9i7cA1g

【中野剛志】 TPP推進者は売国奴〜マスコミはスルー〜
http://www.youtube.com/watch?v=j1OzTgFi0lg

中野剛志:自由貿易を考えるシリーズ・TPPに見る「自由貿易の罠」
http://www.youtube.com/watch?v=NvqX5dbG77M

7/8【TPP】中野剛志氏&三橋貴明氏 合同講演会
http://www.youtube.com/watch?v=BMfGpGNGhK8&list=PLD4DF6E0C1BEF0266

7/8【TPP】 東谷暁氏 「ちょっと待てTPP」 【Ch桜 栃木】
http://www.youtube.com/watch?v=bGxETBpHGoc

アメリカに脅され、日本はTPP参加となる!?標的の日本がTP­P参加することで、円高ドル安の真の狙いが完成する!!円高によ­り、日本を牽引している大企業がアメリカへ逃げる=日本国内は失­業者の山となるが、アメリカでは失業者が激減する構図!TPP参­加により、アメリカの国際弁護士軍団が大挙、津波の如く押し寄せ­、日本企業の買収に動き、リストラ&解体の流れが活発化し、やは­り、失業者の山となる!!農地買収も、二束三文で強奪され、、農­協も買収され、日本の農業事業者たちも失業していく!!良くても­、奴隷のように働かされることになるだろう。。。テレビ新聞など­、真実の報道を隠蔽され続け、テレビ番組では、バラエティ番組が­洪水の如く制作され、お笑い番組やクイズ番組により、“日本の危­機的状況”を隠し、さらには、中国人民解放軍、韓国軍、ロシア軍­の領土侵犯、領海侵犯、領空侵犯・・などなど、まったく報道しな­い!!日本国民は、バラエティ番組を観さされ、平和ボケに加速を­つけさせる状況にあるが、日本国民は、“疑う”ことすらせず、平­和ボケに明け暮れ、平和ボケ、に花を咲かす愚民まっしぐらの様相­。。

日本人が知らない天皇陛下の権威
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-237564-ch.php

 大東亜戦争肯定論
http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/sensou.ko-teiron.html

旧約聖書の大預言

世界最終戦争とユダヤ人

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Unomasami.html

2050年 日本の農業が世界食糧難を解決する

http://ameblo.jp/highlife729/entry-11270117552.html
大東亜戦争の原因と目的
http://d.hatena.ne.jp/hidekitora/20120926

中国 「米国と戦争する決意、米空母を粉微塵にしてみせる。米空母に弾道ミサイルをロック
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/259.html

政治家の人間力 第三部 戦後政治における江田三郎
http://www.eda-jp.com/saburou/30-100/3-2.html

米軍は正義の軍隊か?
http://homepage3.nifty.com/kinzoku/thought/usaf.html

大東亜戦争の正体・アメリカとソ連・中国共産党の侵略戦争だった
http://bewithgods.com/hope/japan/a05.html

       TPPの裏でうごめく、大きな野望

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=274007

農林水産大臣自殺の背景を考える  

農林水産大臣自殺の背景を考える
OpinionAdd comments
6月
28
2007
〜日本に対し農産物輸入「完全自由化」を強く求める欧米の多国籍食品企業、その攻撃の前面に立たされる農林水産大臣〜

一例として、狂牛病を巡り激しい攻防を日本の農林水産大臣と繰り広げてきた米国の牛肉業界の内情を考えてみよう。

世界の「食料倉庫」として牛肉輸出を強力に推進する米国の食肉業界は、アーマー社、スウィフト社、タイソン・フーズ社(鶏肉専門)等、わずか数社によって全米の食肉業界が支配されると言う極端な権力集中体制を取っている。

こうした食肉流通の独占企業は、その食肉加工工場の建設費用、輸送冷蔵トラック購入費用、そして巨大牧場の建設・運営費用を巡り、完全にブッシュ大統領一族の銀行シティバンクに経営を握られて来た。

さらに家畜に食べさせる配合飼料の販売元である穀物商社カーギル=モンサント社により、家畜の飼育段階から完全に支配下に置かれている。

ベトナム戦争で使用された化学兵器枯葉剤を製造し、遺伝子組み替え食品の独占企業でもあるモンサントは、ブッシュ一族とそのボス、ロックフェラーにより経営されているのである。

現在、食肉業界は、こうしてブッシュ=ロックフェラー一族により完全に支配下に置かれている。

それはロックフェラー一族が、元々クラーク・ロックフェラー商会という食肉業者として商売を始めた歴史からも来ている。

かつてこのアーマー社の社長J・W・マッキントッシュが、米国中央銀行FRBの理事を務め、また第二次世界大戦後、初めて日本に駐留したCIAの初代日本課長カールトン・スウィフトが、スウィフト社の社長として日本に牛肉消費を強力に売り込んだ(押し付けた)歴史を持つように、米国の食肉業者はそのまま米国の金融業界、

そしてスパイ業界の中核に重なる。

日本人に牛肉を「食べるように」推進した事は、米国食肉業界のCIAエージェントの「国策・工作」であった。
 

「フードインク」  

映画「フードインク」を見たよ〜
2011-06-04 14:35:12 テーマ:映画
「フードインク」予告編映画「フードインク」は、TPPを受け入れた日本の姿があったのではと思った。TPPを受け入れれば、自由に貿易ができ、より安く食物が買えるようになるから、消費者の目線で言えばいいかもしれない。しかし、安ければいいというのは、大きいリスクをも生んでしまう。そのリスクとは、不自然に育てた食肉や添加物を混ぜに混ぜた野菜などが市場を独占し、それ以外に人の体に優しいものを作ろうとした農家をつぶしてしまうのところにある。なぜ農家がつぶれるかというと、農家とはいえ、種や苗、食肉を育てる機材がなければどうしようもない。しかし、アメリカなどでは、大手の多国籍産業が独占し、彼らが提唱する以外のものを使うところとは契約を打ち切ってしまうのだ。農家も契約を切られてしまっては、作物を育てることはできない。泣く泣く、その企業が提唱する安くて危険な作物を育てるしかなくなる。例えば、1970年、食肉加工業者のタイソン社やカーギル社など大手5社の食肉シェアは25%だったが、いまでは、大手4社で80%以上を占拠している。タイソン社は、養鶏を根本から変えた巨大企業で、ヒナは50年前の半分の日数で育つ。しかもその大きさは2倍。早く育つために、自分の体重を支えきれなくて、歩けない鶏もいる。飼料に含まれる抗生物質のために、アレルギーになることもある。食肉に関して、アメリカでは2歳の男の子が死ぬという事件があった。原因は、汚染された肉で作ったハンバーガー。汚染は、ほうれんそうなど、野菜にも及ぶ。ブッシュ政権のころ、農務省長官は元・牛肉業界のロビイスト。元・全米食品加工協会の副会長は、食品医薬局の局長だった。この図式は、いまも変わらない。「ファストフードが世界を食べつくす」の著者、エリック・シュローサーが言うには、「監督するべき当の企業に支配されている。企業の言いなりだ」と。操業停止を命令できるケヴィン法は、未成立。個人より業界の利益を守るのは、日本もアメリカも同じ。大腸菌感染は、いまなお、存在している。ハンバーガーの肉は、いま、アンモニアで殺菌されている。今は、ハンバーガーが1個100円で買える時代である。映画でのワンシーンだが、親子4人が車に乗っている。体に悪い、子供に食べさせたくない、と言いながら、安いファストフードをみんなで食べる。ブロッコリーは1ドル29セント。1ドルのハンバーガーを買うより高く、調理の手間がかかる。糖を多く含むファストフードを食べ続けた結果、父親は糖尿病になっている。糖尿病の薬は、50錠130ドルもする。まだ幼い少女も、糖尿病の予備軍に。2000年以降に生まれたアメリカ人の3人に1人が、糖尿病の予備軍で、今後、さらに増えると予想されている。 バージニア州の農場。農家のジョエル・サラディンは「大企業は結果に責任を持たない」と答えていた。サラディンは、牛をクローバーやハーブなどの草で育てている。自然の循環こそが大事と力説する。手作業で鶏を捌く。農務省から不衛生を理由に、農場の閉鎖命令が出る。地元での細菌検査では、店で買うものより、はるかに清潔だったことを誇らしげに語っていた。豚も自然なままで飼育する。サラディンは、技術漬けの食品加工を批判し、「人間が勝手に操作できると思うような文化は、どこに行っても、豚を見るのと同じような、侮蔑的で傲慢な目で人間を見るだろう」。世界最大の食肉処理工場であるスミスフィールド社。貧しい労働者を隠しカメラが映している。労働者は言う、「会社は労働者を豚と同じと思っている」1日に3万2千頭の豚を処理する。労働者は生きた機械である。かつて自動車産業並みに改善された労働条件は、ファストフード業界が巨大化するにつれて、悪くなっていく。以前、大阪の枚方にある農園「杉・五兵衛」(http://homepage1.nifty.com/sugigohei/)で話を聞いたことがあるのだが、わかりやすい図があるので、それをまず見てもらいたい。農園「杉・五兵衛」では、野菜を無農薬で育て、季節に合った野菜を提供し、雑草や野菜の残りを家畜のえさにしている。家畜の糞は微生物で分解されて土壌の栄養になり、また野菜を育てる。季節に合った野菜というのは、人間の体にも適しており、水分が多いトマトやキュウリを夏に食べることで夏バテを防止したり。しかし、大企業は季節や�屬帽腓錣擦萄遒襪里任呂覆�⊆��燭舛砲箸辰禿垤腓里いい茲Δ忘遒蠡悗┐襪發里任△襦G清箸鮖唆箸箸靴童�襪茲Δ覆辰討�蕁�眩�鯑世襪海箸个�蠅暴電世鮹屬�世龍軌蕕篳顕修蘯困錣譴討い襦�海Δ靴得里覆�蕕僚朶弔靴診清箸蓮�攵蹐鮗蕕訃紊任皸嫐��△襪修Δ澄E攵蹐鳳浜椶�いわたらな�覆襪氾攵輓�修魄き�海掘▲▲瓮螢�覆匹任呂修譴�彊�悩叔化なども�海辰討い襪茲Δ澄���燭舛�擦鵑任い襪箸海蹐鮗蕕襪箸い�紊任癲⊇祥茲稜清箸和臉擇覆里任△襦1980年代、アメリカの最高裁は作物の特許を認めた。化学薬品のモンサント社は、DDTや枯葉剤、除草剤を製造している。結果、耐性大豆はモンサント社がほぼ独占、農家は、種子の保存が出来なくなる。保存する者は、モンサント社の特許権侵害で捜査の対象となる。しかも、モンサント社は、特許権をめぐって、農家を告訴する。裁判に持ち込んでも、膨大な費用がかかる。ある農家は言う「農家が多国籍企業から、どうやって身を守れる?モンサントの支配は強大だ。種子からスーパーまで、彼らが大豆を握っている」。食肉と同じように、企業の言う種子しか使えなくなるのだ。それがどれだけ遺伝子を操作されている種子であろうと。モンサント社はブッシュ政権、クリントン政権と深い関係にある。政府は、管理すべき企業に管理されてきた。官僚、弁護士、民間の専門家たちが、モンサント社に取り込まれている。遺伝子組み換え食品の表示をモンサント社に提案したが、政府は、表示義務はないとする決定を下す。政府・大企業対労働者・消費者という図式。表示をめぐって、カリフォルニア州議会で議論、表示義務を課した法案は通過するが、シュワルツェネッガー知事は拒否する。ファストフード業界も、カロリー表示を拒否、トランス脂肪酸が含まれていることを隠したがっている。精肉業界は肉の産地表示を拒否、もちろん、遺伝子組み換えの表示も。いまや、スーパーの加工食品の70%に、組み換え素材が入っている。消費者の「食」について知る権利は、どうなるのか?製品を批判すること自体、違法行為となる。食の感染で子供を亡くした消費者に、食について質問する。彼女は答える。「質問する前に弁護士に電話してください」風評被害で、牧畜業者が消費者を告訴する。消費者が勝訴するまでに、6年の歳月と100万ドルの費用がかかる。コロラド州の風評被害法違反は罪である。コロラド産のひき肉を批判すれば、刑務所行きになりかねない。自分たちが食べるものについて質問することすら許されない現実がそこにあった。今、焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で話題になっていた。安くしようとして必要な消毒などしなかったりなどが今回の事件につながったのだと思うが、これと同じことが今後日本にも起きてくると思う。日本の農産物は高いが関税によって保護されている。これはある意味安全面もふくめての値段だと。中国に行ったとき、確かに安く食べることもできたが、本当に食べても大丈夫か、使われている水は?など不安を覚えながら食べていたのをよく覚えている。日本ではその心配はまだ薄い。自分たちの口にするものは、安全でなければならない。自分たちの身の安全は、企業に操作されている。今回の原発事故でも何度でも言われてきた。「原子力は安全です」しかし、実際は少ない予算に、人材不足。そんな状況で、安全な管理などできるわけがない。水たまりがあるだけで、大騒ぎになるのに。自分たちの安全は、自分たちで守る。今回の震災、原発事故をそれをよくあらわしていたと思う。決して、この映画に描かれていた食の問題は、食だけに関わらない。すべてに通じる話題だと感じた。

今週末見るべき映画「フード・インク」

http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1295540539005/pid_2.html
タイソンフーズ
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Tyson_Foods&ei=4qQgUZqtCsm6kQW8-YGgBg

カルピス社の飼料添加物「カルスポリン」が世界最大の食肉加工メーカー タイソン・フーズ社で全面採用
http://www.calpis.co.jp/corporate/press/nr_00098.html
穀物メジャー コナグラ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%80%E7%89%A9%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

くず肉で再成されたピンクスライム(Pink slime)の是非:

http://www.botanical.jp/lib_id36-120316153419.php

 ピンクスライム肉ってご存知ですか?

http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/53546694.html

ピンクスライムは食べ物か廃棄物か

http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/03/post-2472.php

食肉に潜むサルモネラ菌

http://meimai.cocolog-nifty.com/twgt/2010/04/post-673c.html

米国で大騒ぎ、日本への影響は?「ピンクスライム」問題

http://www.foocom.net/special/6332/

大手豚肉業者「スミスフィールド・フーズ」の悪名
「スミスフィールド・フーズ」社
http://www.bm-sola.com/we/archives/2009/06/post_754.htm

工場式畜産の危険性

http://okaiken.blog.ocn.ne.jp/060607/cat10468904/

http://youpouch.com/2012/02/28/56758/

遺伝子組み換え作物と私たちの生活
http://www.chikyumura.org/environmental/report/2011/10/05171453.html

遺伝子組み換え食品の健康被害を示唆するニュース 
http://health01.blog.so-net.ne.jp/2011-07-15

食糧ボケの日本
http://members.jcom.home.ne.jp/mu-arai/syokuboke.htm

「深層小太郎」  

http://203.178.102.90/Aishodo/kotaro/kotaro.html

http://www.kozuka-corp.jp/

http://ameblo.jp/kyasutaka1/entry-10631662239.html

http://ameblo.jp/kyasutaka1/entry-10793080848.html

http://ameblo.jp/kyasutaka1/entr

https://docs.google.com/presentation/d/1K2HmT9dVCZFn9rdmeV4PT3Ts9T3mE-gWtv7crBjS0gw/edit#slide=id.p4

沈黙の殺し屋(サイレントキラー)
http://www.k4.dion.ne.jp/~shunkei/kouketuatu.htm

http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0011.html
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0201.html
http://salacia-supplement.com/

http://www.salacia-life.com/SHOP/slt001.html
http://bl01.shop15.makeshop.jp/shopdetail/004000000023/

糖尿病  

http://www.healthy-one.co.jp/tokushu/chromium/?gclid=CL_QyJzChL4CFRADvAodjpYArg

http://www.suppli-diabetic.com/

http://476576.com/solution/

■血糖値と糖尿病 |■血糖値が気になる方のためのサプリメント

血糖値と糖尿病

■成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備軍
「2011年国民健康・栄養調査報告」によると日本人の 27 パーセント、 4 人に 1 人以上が 2 型糖尿病かその予備群です。男性の 33 パーセント、女性の 23 パーセントです。糖尿病とその予備軍は年々増加しています。

■血糖値と糖尿病
血糖値は血液中に含まれるブドウ糖の量を示す値です。血糖値は1日の中で変化します。食後は上昇し、およそ2時間以内で元に戻ります。

血糖値(血中のブドウ糖濃度)が高い状態が続くと、エネルギーとして消費されなかった余分なブドウ糖は尿にあふれ出たり、体内を回り網膜症、腎症、神経障害などの合併症を引き起こします。

また継続的な血糖値の上昇は血管に障害を与え動脈硬化につながり、心臓発作や脳卒中を含む心血管疾患のリスクを高めます。

正常な空腹時血糖値は 70 〜 110 mg/dl以下とされています。 126 mg/dl 以上は糖尿病型と診断され、 110 mg/dlを超えて126 mg/dl未満は糖尿病予備軍となります。

血糖値が(1)空腹時血糖値126mg/dL以上、(2)随時血糖値200mg/dL以上、(3)75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上、(4)HbA1c(JDS値:現行の日本の測定法)6.1%以上の場合に「糖尿病型」と判断されます。

糖尿病は、初回の検査とは別の日(1カ月以内)の再検査で糖尿病型が確認された場合に診断されます。

血糖値とHbA1cが同一検査で糖尿病型に該当する場合も糖尿病と診断されます。また、血糖値が糖尿病型に該当し、加えて糖尿病の典型的症状や確実な糖尿病網膜症のいずれかが見られた場合も糖尿病と診断されます。

HbA1cだけが該当する場合は「糖尿病疑い」とされ、再検査が必要です。

空腹時血糖値の診断基準
正常 70 〜 110 mg/dl
糖尿病の予備軍 ( 境界型 ) 110 mg/dl を超え 126 mg/dl 未満
糖尿病型 126 mg/dl 以上
75 g経口ブドウ糖負荷試験 ( 負荷後2時間 )
正常 140 mg / dl 未満
糖尿病の予備軍 ( 境界型 ) 140 mg / dl を超え 200 mg / dl 未満
糖尿病型 200 mg / dl 以上
◎尚、海外では血糖値の単位を mmol/L を使用することが多くみられます。 1 mmol/L は 18 mg / dl になります。
ページの先頭へ

■ヘモグロビン A1c ( HbA1c )
直近の 1 〜 2 カ月間の血糖値の管理状態をあらわす数値で、血糖値よりも正確な血糖状態をあらわします。一時的な身体の状態に左右されません。さらに HbA1c の数値は、糖尿病患者の重症度とも相関があることから、糖尿病の診断マーカーとなっています。

HbA1cが 6. 5 パーセント(NGSP値)を超えると糖尿病が疑われます。日本糖尿病学会では、血糖正常化を目指す際の目標 6. 0パーセント未満、合併症予防のための目標 7. 0 パーセント未満、治療強化が困難な際の目標 8.0 パーセント未満としています。 8 パーセントを超えた状態が長く続くと、様々な合併症を起こすと言われています。

以前日本で使用されていたJDS値による 6. 1 パーセントは、国際標準のNGSP値では +0.4 の 6. 5 パーセントとなります。ほとんどの学術論文ではNGSP値が使用されています。2012年4月1日以降は日本でも「HbA1c≧6.5%(NGSP値)を糖尿病型と判定」に変更されました。
ページの先頭へ

■2型糖尿病
糖尿病には 1 型と 2 型があります。

2 型糖尿病は糖尿病患者の 9割を占める一般的な糖尿病で、生活習慣が原因となって成人後に発症します。高カロリーの食事や運動不足、ストレスなどが発症リスクを高めます。家系または遺伝的体質も影響します。近親者に糖尿病の人がいる方は、特に生活習慣に気をつける必要があります。

この糖尿病はインスリンは分泌されるのですが、インスリンの働きが悪く血糖値のコントロールが上手くいかず血糖値が上昇するものです。インスリン分泌は、正常値より高い場合もありますが、身体がインスリンに抵抗を示すため、必要なインスリンが不足します。

一方、 1 型糖尿病は、多くが小児期、青年期に発症するウィルス感染などが原因の疾病で、血糖値を調節するホルモンのインスリンが欠乏するものです。

ページの先頭へ

■耐糖能障害 / 耐糖能異常
◎耐糖能障害は、血糖値を調節するホルモンのインスリンの働きがうまくいかず、食べ物から消化吸収した糖分を、体の筋肉などの組織でうまく利用できなくなります。このため、血糖が上昇しやすい状態です。糖尿病と診断される直前の状態 ( 境界 ) です。

◎日本糖尿病学会の診断基準では、耐糖能異常は、空腹時血糖値が 110 mg/dl 以上、あるいは、糖負荷試験( 75g のブドウ糖を服用 ) の 2 時間値が 140 mg/dl 以上とされています。

ページの先頭へ

■血糖値を下げるためには生活習慣の改善が重要
血糖値が高めの場合は、まず生活習慣を見直すことが大切です。

禁煙、節酒(過度の飲酒を避ける)、健康的な食習慣、運動習慣、口腔内のケア、健康体重を心がけてください。

まず過体重か肥満の場合は減量が必要です。通常、体格指数(BMI)が18.5〜25以下を健康体重とします。

全粒穀物(玄米や全粒粉パン、シリアルなど)や野菜・果物(*)の豊富な血糖値の上昇し難くい低GIの食事が血糖値の管理に役立つとされます。他に、ナッツや豆類も食物繊維やミネラルが豊富です。脂肪の多い魚も炎症の抑制に役立ちます。*ぶどうは除く

運動習慣は筋肉を増強しインスリンの働きを向上させます。1日に30分間以上の適度な運動を週に5回以上することが推薦されています。

歯周病は糖尿病のリスクを高めます。歯と歯茎、歯間のケアをしっかりしましょう。

■サプリメント
血糖値が高めの方のためのトクホ食品は、主に食物繊維の働きで、小腸でのブドウ糖の吸収を抑え食後の血糖値の急上昇を防ぎます。

他に、予備軍の方の血糖値の調節を補助するサプリメントとしては、食後の血糖値の上昇を抑えるとされるギムネマ、桑の葉、インスリンの働きを活性化するクロム、インスリンの構成成分の亜鉛、他に血糖値の正常化に役立つとされるアガリクスやノニなどがあります。

多くの疫学研究で、コーヒーをたくさん飲む人で糖尿病のリスクが低くなることが報告されています。

糖尿病型と診断される場合は治療は医師の指導で行なってください。サプリメントを使用する場合も医師に相談しましょう。

ページの先頭へ

血糖値が気になる方のためのサプリメント

【食後血糖値の上昇を抑える】
サラシア/サラシア・オブランガ
菊イモ/イヌリン、ギムネマ、桑の葉
グァバ/グァバ茶ポリフェノール、フィチン酸、マイタケ

【インスリンの働きを良くする】
クロム、 黒酢、 バナジウム
カイアポ芋、 コーヒー、 ダークチョコレート

【ブドウ糖の吸収を抑える】
食物繊維

【インスリンの働きを補助する】
バナバ

【血糖値を下げるために役立つとされる】
アガリクス、冬虫夏草、 霊芝、 ノニ、 メシマコブ、 アロエ

【血糖値が高くなると吸収が悪くなる】
亜鉛

薬草    

薬草  

http://www.e-yakusou.com/yakusou/byo003.htm

http://www2.odn.ne.jp/had26900/index.htm

薬草茶の効果・効能一覧 
http://www.mitsumoto-seitai.com/koukaitiran.html

野山にある、野草・薬草の効能
http://www.d2.dion.ne.jp/~choco_c/sub53.htm

http://www.eisai.co.jp/museum/herb/index.html

特に注意を要する有毒植物
http://www2.odn.ne.jp/had26900/medplant/yudoku_shokubutsu.htm

「薬草」
http://www.mfi.or.jp/isoda/yakusou/index4.html

http://www.e-yakusou.com/sou/

 「薬草」
http://home.q00.itscom.net/med/yakuso/

薬草
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E8%8D%89#.E8.96.AC.E7.94.A8.E6.A4.8D.E7.89.A9.E3.81.AE.E6.88.90.E5.88.86

http://www.e-yakusou.com/sou/index.html

http://www.e-yakusou.com/yakusou/byo034.htm

 2000万人の糖尿病(その予備軍)の患者数
http://www.e-yakusou.com/yakusou/byo034-1.htm

果物類の作用
http://garop.jp/c3/kudamono/
果物類のカロリーと成分表
http://garop.jp/c3/fruit/

杏子/アンズ
http://garop.jp/c3/jherb/annzu.htm

柿/カキ
http://garop.jp/c3/kudamono/persimmons.htm

葡萄/ブドウ
http://garop.jp/c3/kudamono/budou-2.htm

梅/ウメ
http://garop.jp/c3/kudamono/ume-2.htm

プルーン
http://garop.jp/c3/kudamono/puru-n.htm

枇杷/ビワ
http://garop.jp/c3/kudamono/biwa-3.htm

無花果/イチジク
http://garop.jp/c3/kudamono/itijiku-2.htm

キウイ
http://garop.jp/c3/kudamono/kiui.htm

【きんかん】金柑/キンカン
http://garop.jp/c3/kudamono/kinnkann.htm

銀杏/ギンナン
http://garop.jp/c3/kudamono/ginnnann.htm

胡桃/クルミ
http://garop.jp/c3/kudamono/kurumi-2.htm

松の実/マツノミ
http://garop.jp/c3/kudamono/matunomi.htm

桃/モモ
http://garop.jp/c3/kudamono/momo-2.htm

檸檬/レモン
http://garop.jp/c3/kudamono/remon.htm

ブルーベリー
http://garop.jp/c3/kudamono/buru-beri-2.htm

苺/イチゴ
http://garop.jp/c3/kudamono/itigo.htm

野菜類の作用
http://garop.jp/c3/yasai/
野菜類のカロリーと成分表
http://garop.jp/c3/vegetables/

ハーブティー
http://garop.jp/c3/herbtea/

薬草
http://garop.jp/c3/jherb/

その他の食品のカロリーと成分表
http://garop.jp/c3/others/

タラの木の薬効について
http://www.drugsinfo.jp/2007/08/12-022900
梅の効用
https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&tab=cw&gws_rd=cr&ei=BsrJUvDdGoGClQX2h4GwDw#hl=ja&q=%E6%A2%85%E3%81%AE%E5%8A%B9%E7%94%A8&revid=489468066
フランス海岸松
http://www2.delta-search.com/?q=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%B5%B7%E5%B2%B8%E6%9D%BE&babsrc=NT_ss_SU&s=web&rlz=0&as=0&ac=0

 フラバンジェノールとは?
http://www.suntory.co.jp/softdrink/flavancha/flavan.html

野菜  

アンアン野菜 徳島県
http://www2.delta-search.com/?q=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%B3%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%80%80%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E7%9C%8C&s=web&as=0&rlz=0&babsrc=NT_ss_SU
有機野菜の定義
http://www2.delta-search.com/?q=%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9&babsrc=NT_ss_SU&s=web&rlz=0&as=0&ac=0

無農薬野菜の定義
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%84%A1%E8%BE%B2%E8%96%AC%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9&oq=%E7%84%A1%E8%BE%B2%E8%96%AC%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9&aqs=chrome..69i57j69i61.31417j0j8&bmbp=1&sourceid=chrome&espvd=215&es_sm=122&ie=UTF-8

糖尿病はとても恐い病気
http://www.kksn.net/tounyou5.html

チアシード:灰色の小さいタネ
浸水させると10倍くらいに膨らんでジェル状になるのが特徴。このジェル状の成分はこんにゃくにも含まれるグルコマンナンという食物繊維で、便秘解消に効果的。たんぱく質も豊富でダイエットにお勧めの食材です。ドリンクやデザートに。

薬の検索  

	ハイパー薬事典	

http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

PM2.5  

                                                                                 

	 
	中国から飛来する微小粒子状物質「PM2.5」への関心が高まっています。大気汚染や健康被害も懸念されており、目に見えない空気の汚れに不安を感じる人も多くいます。PM2.5について、改めておさらいしました。

●呼吸器系に影響
PM2.5とは、直径2.5マイクロメートル以下(マイクロは100万分の1)の粒子状の物質の総称です。太さは髪の毛の30分の1、粒径はスギ花粉の10分の1程度と小さいものです。
中国での発生源は自動車の排ガスや工場のばい煙、暖房用石炭と考えられており、黄砂も粒が小さいものはPM2.5です。線香やたばこの煙にも大量に含まれています。

粒子が小さいため、鼻やのどの粘膜で捉え切れず肺の奥まで入りやすい性質があります。ある専門医は「肺や細胞内に入ると体外に出すのに時間がかかる」と指摘します。長期的には呼吸器系疾患や肺がんのリスクが高まり、狭心症や不整脈など循環器系疾患が増える可能性があるとされます。幼い子や高齢者ほど影響を受けやすいといいます。
環境省は09年に大気中濃度の環境基準を作り、「1年平均で1立方メートル当たり15マイクログラム以下」「1日平均で同35マイクログラム以下」と定めました。今年1月に中国で深刻な大気汚染が発生すると、環境省は専門家会合を開いて外出自粛などの注意喚起をする大気中濃度の暫定指針値(1日平均で同70マイクログラム)を設定しました。
●今年も減少傾向
だが暫定指針値をめぐる注意喚起は自治体によってさまざま。防災無線で注意を呼びかけたり、事前に登録したメールアドレスに情報が送られたりするケースもあります。東京都では3月10日に清瀬市で一時的に291マイクログラムを記録するなど各地で暫定指針値を上回りましたが、注意は呼びかけませんでした。
高濃度を記録した各地では、屋外行事が中止されたり、マスクや空気洗浄機が売れたりしています。こうした騒ぎに「冷静な対応を」と訴えるのは、専門家もいます。この専門家は「もともと日本の大気中濃度は高く、近年は減少傾向にある。今年も平均値でみれば減少傾向に変わりはない」と話します。
●根拠ない言説も
よく耳にする言説も根拠のないものが多いといいます。「雨でPM2.5が黄砂や花粉とくっつき、化学反応で割れて細かくなり肺に入り込む」という説も、専門家は「雨が降れば花粉や黄砂は飛ばず、根拠がない」と話します。仮にくっついても粒子が大きくなるだけで、PM2.5ではなくなります。ただPM2.5を吸い込むことでアレルギーが悪化する可能性があり、疾患のある人は注意が必要だといいます。
「洗濯物の部屋干し」を呼びかける自治体もありますが、「質量が大きい花粉や黄砂には有効だが、PM2.5は軽くて洗濯物にほとんど付かない」(専門家)。マスクも、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着けないとあまり効果がないといいます。
大陸からのPM2.5は偏西風で運ばれてきます。夏に向けて偏西風の影響が弱まれば飛来量も減ります。専門医は「外から帰ったら手洗いとうがいをして、外出を自粛したり窓を閉める程度で対策は十分」と話しています。

◇たばこの煙は高濃度
PM2.5を気にするなら、気をつけたいのはたばこの煙です。医師らで作る日本禁煙学会が10年にさまざまな研究結果をまとめた資料には、衝撃的な数字が並びます。
自由喫煙の居酒屋では、PM2.5の空気中濃度が1立方メートル当たり568マイクログラムで、北京での深刻な大気汚染時に匹敵するレベルです。喫煙家庭や分煙店舗でも不完全だと環境基準を上回りました。国立がん研究センターが10年に公表した推計では、受動喫煙による年間の死亡者数は6803人に上るといいます。
ある医師は「たばこから出るPM2.5には約70種類の発がん性物質が含まれており、有害性は中国から飛来するものの比ではない」と指摘します。喫煙室や屋外で喫煙した場合でも喫煙後約20分間は呼気にPM2.5が含まれるといわれています。

http://www.cis-home.com/book/01_10.html

													

「マイナンバー制度」がスタート この10月からあなたの「収入と資産」は丸見えです http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42556
・マイナンバー制度「預金口座」も紐付け http://matome.naver.jp/odai/2139813244508019301
マイナンバー 内緒の副業を会社にバレないように確定申告する方法 https://merrybiz.jp/fukugyo_kakuteishinkoku/
マイナンバー 確定申告で副業が「ばれる」ことを防ぐ方法【サラリーマン・OLなど】 http://www.century-partners.jp/category/1830236.html
マイナンバー ある日、突然税務署が http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42556
マイナンバー ある日、突然税務署が http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42556?page=2
マイナンバー ある日、突然税務署が http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42556?page=3
マイナンバー ある日、突然税務署が http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42556?page=4
マイナンバー よくある質問 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/index.html
マイナンバーで公平になる、という詭弁 http://www.magazine9.jp/don/120801/
マイナンバーよくある質問 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/#c03
マイナンバーを鍵にした各種情報の名寄せの危険 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/mynumber/symposium/kyoto/siryou8.pdf
マイナンバー制 施行前の拡大は筋違い http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0024850.html
マイナンバー制で脱税は防げない?国民のメリットは? http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7977583.html
マイナンバー制度 トップページ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
マイナンバー制度・各国の状況 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%B7%8F%E8%83%8C%E7%95%AA%E5%8F%B7%E5%88%B6
マイナンバー制度と副業に関する問題は多岐にわたります。 http://matome.naver.jp/odai/2142235409803218801
マイナンバー制度のデメリット:今後の民間活用について http://www.huffingtonpost.jp/2013/05/09/national_identification_number_n_3249451.html
マイナンバー制度の概要 http://glovia.fujitsu.com/jp/products/mynumber/column/?ad
マイナンバー紐付けへの懸念 銀行預金口座 http://japan.zdnet.com/article/35045613/
マイナンバー法(国民共通総背番号制)の問題点 個人情報ダダ漏れの国家監視・管理社会 http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/1baaa1b185a211edd6ffb12922ac4e32

http://i-exa.com/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=18390_402440083199129_2045021027_n.jpg&refer=%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9

項目名1項目名2項目名3

| 項目1 | 項目2 | 項目3 |<

powered by Quick Homepage Maker 3.66
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional